ヘッドライン

  1. ホーム
  2. ヘッドライン
  3. 民営化やPFIなど/再整備基本方針を策定へ/市川市斎場 22日に一般競争入札

2019/08/06

事業者:千葉県市川市

民営化やPFIなど/再整備基本方針を策定へ/市川市斎場 22日に一般競争入札

 市川市は、斎場再整備基本方針策定業務を一般競争入札で委託する。民営化またはPFI等の手法を用いて斎場の現地建て替えを行う場合に、必要な火葬炉の数や斎場の機能、各種運営手法のメリット・デメリット等を検討する。今月9日まで入札参加申請を受け付け、同19日に参加資格の有無を通知し、同22日に入札を行う。
 同市斎場(大野町4-2610)は、1980年の開設から39年が経過。大規模な改修を行わないまま現在に至っており、加えてバリアフリーへの対応も不十分な状態にある。
 現状は、敷地面積1万9780㎡に火葬棟が平屋建て1498㎡(火葬炉10基)、式場棟が平屋建て748㎡、待合棟が2階建て1723㎡(5室)。高齢化が進行する中で、火葬需要の増加が見込まれ、処理能力を超えることも想定される。また、少子化や核家族化などの影響もあり、直葬の増加など葬儀や葬祭に関する考え方も急激に変化してきており、こうした変化への対応も求められている。
 このため、民間企業への運営移譲(民営化)またはPFI等の手法を活用し、現在の斎場機能を休止することなく建て替えることができるよう、再整備基本方針を策定する。
 業務内容は、①施設の現状調査②関連法規調査③課題の抽出④火葬需要予測⑤必要炉数設定⑥要求性能の検討・整理⑦事業形態の検討⑧スクラップ&ビルド計画検討⑨概算整備費等の検討⑩配置・基本計画図・鳥瞰図作成⑪計画書・概要版作成⑫会議運営支援など。
 事業形態の検討では、斎場再整備後の運営について、民営化及びPFI等を導入した場合のVFMや他の評価基準を用いて、双方のメリット・デメリットを検討し、最も大きな効果が期待できる事業形態、運営方法を提案。その際、民営化については先行事例が少ないことから、参入可能性についてサウンディング等の調査を行う。

会員様ログイン

お知らせ一覧へ