ヘッドライン

  1. ホーム
  2. ヘッドライン
  3. JR東コンサルで基礎調査/木更津市の巌根整備/EVは詳細設計着手

2019/07/12

事業者:千葉県木更津市

JR東コンサルで基礎調査/木更津市の巌根整備/EVは詳細設計着手

 木更津市地域政策課は、JR巌根駅の整備に向けた取り組みを進めている。本年度は、JR東日本が駅構内に設置するエレベーターの詳細設計に補助金を交付するとともに、総武線快速電車の停車に向けた基礎調査を実施し、JRとの協議に必要な基礎データを整理する。エレベーターの設置について、JRが近く市に交付金を申請する予定となっているほか、快速電車の基礎調査を、先月28日にJR東日本コンサルタンツ(東京都品川区西品川1―1―1)と随意契約を締結した。
 基礎調査の業務名は「JR巌根駅総武線快速停車基礎調査業務委託」。契約金額は1771万円(消費税込み)。工期は2020年3月25日まで。JRが快速電車を止める必要があるかどうかを判断する必要があることから、請願側の市が判断に必要な資料を提供し、これを基に協議を進める。
 委託業務の内容は、総武線快速電車対応ホームの概略設計と基本計画の作成。ホーム延伸などの調査を実施する。具体的には▽既存資料・図面等を用いたプラットホーム延伸の方向の検討▽将来利用者数の想定▽運転計画への影響▽概算工事費・工期――などを整理する。
 同駅は、京葉線経由の快速電車は停車するものの、千葉・君津間で唯一、総武線快速電車が停車しない。このため、駅利用者の利便性向上を図るため、停車についてJR東日本と協議する予定で、協議に必要な基礎資料を整理する。
 一方、エレベーターの設置については、国が「高齢者、障害者等の移動の円滑化の促進に関する法律」に基づく「移動円滑化の促進に関する基本方針」において、20年度末までに1日当たりの平均的な利用者数が3000人以上の駅を対象に、原則としてエレベーターまたはスロープをはじめとした段差の解消を掲げていることから、同方針に基づき同駅にエレベーターを設置する。
 昨年度に基本調査を実施。駅ホームの人道跨線橋の東西側に各1基の合計2基と駅構外の東西側に各2基の合計4基を想定した。
 詳細設計は、整備を急ぐ必要がある駅構内の2基を対象に実施。来年度に工事を実施し、20年度末の供用開始を目指す。
 詳細設計の事業費は補助金として当初予算に1000万円を計上。基本調査はJR東日本コンサルタンツが担当した。

会員様ログイン

お知らせ一覧へ