ヘッドライン

  1. ホーム
  2. ヘッドライン
  3. 31地区に27億円配分/県農林水産部耕地課/農業農村整備事業の交付金/新規に農道小櫃川地区など

2018/05/14

事業者:千葉県農林水産部

31地区に27億円配分/県農林水産部耕地課/農業農村整備事業の交付金/新規に農道小櫃川地区など

 県農林水産部耕地課は、農山漁村地域整備交付金のうち、農業農村整備事業の2018年度地区別配分額を明らかにした。地区数は31地区で、配分額は26億9556万2000円(うち国費14億1440万6000円)。県営と団体営の別は、県営事業が25地区24億5886万2000円(同12億7135万6000円)、団体営事業が6地区2億3670万円(同1億4305万円)。
 県営事業の新規地区は農道整備事業の小櫃川地区(袖ヶ浦市、君津市)。団体営事業の新規地区は地域農業水利施設ストックマネジメント事業の向郷(君津市)、五駄沼(野田市)、市和田(香取市)の3地区。
 県営事業は、かんがい排水事業3地区6億9000万円(うち国費3億4500万円)、基幹水利施設ストックマネジメント事業6地区3億2191万6000円(同1億6095万8000円)、農道整備事業2地区5610万円(同2805万円)、経営体育成基盤整備事業6地区7億8084万6000円(同4億954万8000円)、ため池等整備事業1地区2700万円(同1350万円)、湛水防除事業3地区2億5300万円(同1億3280万円)、中山間地域総合整備事業1地区1億5000円(同8250万円)、農地環境整備事業3地区1億8000万円(同9900万円)。
 一方、団体営事業は、地域農業水利施設ストックマネジメント事業4地区1億20万円(同5030万円)、農業集落排水事業2地区1億3650万円(機能診断、計画策定含む、同9275万円)。農業集落排水事業では事業費5800万円で、8市町村を対象に機能診断、計画策定を行う。

(▼は新規地区)
 ■県営事業
 【かんがい排水事業】
 ▽小糸川地区(君津市、富津市)=4億4000円▽安房中央地区(館山市、南房総市)=5000円▽香取市東部地区(香取市)=2億円
 【基幹水利施設ストックマネジメント事業】
 ▽堀川地区(大網白里市)=2400万円▽三島ダム地区(君津市、富津市)=2291万6000円▽東葛北部地区(野田市)=8000万円▽戸面原ダム地区(富津市)=7000万円▽弥富川地区(佐倉市、八街市)=1500万円▽勝浦ダム地区(勝浦市)=1億1000万円
 【農道整備事業(保全対策型)】
 ▼小櫃川地区(袖ケ浦市、君津市)=2910万円▽東総台地地区(銚子市)=2700万円
 【経営体育成基盤整備事業】
 ▽勝田川上流地区(佐倉市、八街市)=500万円▽三和養老地区(市原市)=4000万円▽榎沢地区(いすみ市)=1750万円▽春海地区(匝瑳市、旭市)=3億2234万6000円▽加茂川中部地区(鴨川市)=3億7000万円▽瑞穂地区(大網白里市、茂原市)=2600万円
 【ため池等整備事業】
 ▽藤木地区(茂原市)=2700万円
 【湛水防除事業】
 ▽一松地区(長生村、白子町)=1億2600万円▽根木名川2期地区(成田市)=6700万円▽浄向川地区(成田市、神崎町)=6000万円
 【中山間地域総合整備事業】
 ▽御宿地区(御宿町)=1億5000万円
 【農地環境整備事業】
 ▽豊岡深名地区(南房総市)=6700万円▽大貫地区(南房総市)=8400万円▽平久里下地区(南房総市)=2900万円
 ■団体営事業
 【地域農業水利施設ストックマネジメント事業】
 ▽夏目地区(東庄町、旭市)=4920万円▼向郷地区(君津市)=400万円▼五駄沼地区(野田市)=600万円▼市和田地区(香取市)=4100万円
 【農業集落排水事業】
 ▽機能診断、計画策定=5800万円▽江ヶ崎地区(旭市)=7600万円▽平川地区=250万円

会員様ログイン

お知らせ一覧へ