ヘッドライン

  1. ホーム
  2. ヘッドライン
  3. 管理棟改修、実習棟改築/県商工労働部/市原高等技術専門校の整備/本年度は実施設計と基本設計等

2018/04/09

事業者:千葉県商工労働部

管理棟改修、実習棟改築/県商工労働部/市原高等技術専門校の整備/本年度は実施設計と基本設計等

 県商工労働部産業人材課は、施設の老朽化や耐震性能不足などから、市原高等技術専門校(市原市平田981―1)の大規模改修や建て替えを行う。施設の老朽化する管理棟は大規模改修を行い、耐震性能の不足する実習棟は一部を除き建て替える。本年度は県の当初予算に設計や測量費として5219万円を計上し、管理棟大規模改修の実施設計、総合実習棟等の建て替えの基本設計と用地測量を実施する。
 委託費の内訳は、管理棟大規模改修の実施設計費が2103万円、総合実習棟等の建て替えに係る基本設計費が2546万円、用地測量費が570万円。管理棟大規模改修の実施設計は県県土整備部施設改修課に、総合実習棟等建て替えの基本設計は同部営繕課にそれぞれ発注業務を依頼する。委託手法や時期は今後検討する予定。
 全体の事業スケジュールは、本年度で管理棟大規模改修の実施設計、総合実習棟等建て替えの基本設計及び用地測量を実施し、2019年度に管理棟の大規模改修に着工するとともに、総合実習棟建て替えの実施設計を行う。管理棟の大規模改修は19~21年度の3か年で実施し、21年度から総合実習棟等の建て替え工事に着工。建て替え工事は21~22年度の2か年で行う。その後、22年度に既存の実習棟の解体設計を実施し、23年度に解体して全体を完了させる。
 管理棟は1974年7月の竣工で、建物規模はRC造3階建て延べ約1780㎡。実習棟は、塗装科、電気工事科、溶接非破壊検査科の入る総合実習棟とビルメンテナンス科の入るビルメンテナンス実習棟、自動車整備科棟の3棟で構成。このうち、自動車整備科棟を除く2棟を総合実習棟に集約し、建て替える。改築規模はRC造平屋建て延べ約2690㎡の予定。
 既存施設は、総合実習棟が75年の建設でS造2階建て延べ3001・28㎡、ビルメンテナンス実習棟が64年の建設でS造平屋建て延べ830・42㎡。
 市原高等技術専門校は、職業能力開発促進法に基づき職業能力開発を行う目的で設置された施設。高校や中学校を卒業して就職しようとする人や、転職して新しい職業に就こうとする人などが就職に必要な技術や知識を身につけられるよう訓練を実施している。訓練科は自動車整備科、電気工事科、溶接非破壊検査科(旧プラント保全科)、塗装科、ビルメンテナンス科の5科。
 同校は59年4月に、板金科、溶接科、電気機械科の3科を設置した五井市原職業訓練所として開設。その後、市原職業訓練所、市原専修職業訓練校、市原高等職業訓練校などの改名を経て、74年度から施設名称を市原高等技術専門校とした。

会員様ログイン

お知らせ一覧へ